2021.11.15

さばの竜田揚げ弁当

Recipe

脂ののった旬のサバを竜田揚げにしました。子どものお弁当はついついお肉メニューが増えてしまったりしますが、日常的にお魚も食べてほしいですよね。
そこで、子ども用は粉チーズをプラスして食べやすくアレンジ♪ 大人用は小ネギと大葉で和風に仕上げました。気になる油は少量にして片付けもラクにしています!
※小さなお子様はピックのお取り扱いにご注意ください。

材料

(作りやすい量)


生サバ半身_1切れ
*醤油_ 大さじ1
*酒_ 大さじ1
*おろし生姜_チューブ1cm
片栗粉_大さじ1
サラダ油_大さじ2
粉チーズ_小さじ1(子ども用)
刻み小ネギ_少々(大人用)

主食
ごはん_お弁当箱の半量
カリカリ小梅_各1個
黒ごま_少量

副菜
さつまいもバター焼き
ほうれん草ごま和え
ハム
ミニトマト


作り方

1. 2. は前日のうちに下ごしらえします)


1. サバは骨を抜きひと口大に切る(骨抜きのサバを選ぶと手間が省けます)。




2. サバをジップロックに入れ*の材料に漬けて冷蔵庫で保存します。
*ここまで前日にやっておきます。



3. 2. のサバに片栗粉をまんべんなくつけます。



4. フライパンにサラダ油を入れ、中火で転がしながらサバを揚げ焼きにします。



5. 子ども用のサバを小さなボウルに入れ、粉チーズを加えてまぶしつけておきます。



[詰め方]

1. ごはんを詰めて黒ごまをふり、小梅をのせ、大人用は大葉、子ども用はバラン(または仕切り)をごはんとおかずの間に置きます。
*子ども用の小梅はタネの周りを剥くように切り、タネを外して丸めたものをのせると小梅がお花のように見えます。



2. サバとさつまいもバター焼きをおかずスペースの両端に詰めます。



3. 下方の隙間に、おかずカップに入れたほうれん草ごま和えを詰めます。



4. サバとさつまいもの間に、半分に切ってくるくる巻いたハムとミニトマトを詰めます。大人用のサバに小ネギをのせ、子ども用のサバにピックを刺して完成!




朝ラク♪ chiho の園児と大人の15分弁当

chiho

ちほ

一般社団法人日本キャラベニスト協会理事・お弁当学マスター認定講師・食育インストラクター。家族の毎日のお弁当から、お弁当作りに役立つアイデア、テクニックなどをInstagram、各種メディアから発信。