うりママ

ママのツボを心得ている我が子の”ナチュラルプレイボーイ”4歳長男と、ニコニコ癒し系次男0歳の2人のボーイズに翻弄されながら、子育てに奮闘中!「育児も仕事も楽しく!」がモットーです。

2022.02.04

水も飲めない!?辛すぎるつわり中に食べられたものをご紹介

Diary

こんにちは。うりママです。
最近、友人から妊娠や出産の報告を受けることが多く、幸せな気持ちを分けてもらっています。

ただその際に、「つわりは大丈夫(だった)?」と確認してしまうのは、それだけ私にとって「つわり」が強烈だったから…!

1人目・2人目の妊娠期に、さまざまなタイプの「つわり」に苦しんだ経験は、今も鮮明に覚えております。

特に1人目のときの「吐きづわり」はひどく、食べると気持ち悪いという状態がずっと続き、食べては吐きの繰り返しによって妊娠初期に4キロ減になってしまうほどでした…。

ピーク時はお水も受け付けなかったのですが、脱水症状で入院しなかったのは不幸中の幸いだと思っています。

今日は、そんな私が「つわり」時にかろうじて食べられたものを紹介したいと思います。


■その1 炭酸水・炭酸飲料
お水が大好きで日頃からよく飲んでいる私でしたが、1人目の妊娠中に「お水の後味が無理!気持ち悪い!」となりました…。

これはまずいと思い、なんとかして水分をとるためにインターネットで調べてみると、「炭酸水」なら飲めたという人がいたので、私も試してみることに。

炭酸水を口にした感想は、「これなら飲める!」でした。
決して「とてもおいしい!」と感じているわけではなく、「これなら受け付けられる!」という感覚です。
つわりが辛かった方なら伝わる感覚じゃないでしょうか…。

それまでは「炭酸」類がむしろ苦手な方でしたが、妊娠中の私の生命線といっても過言ではない存在となりました。

そして、2人目妊娠時に「つわり」が始まったときも、最初にしたことは「炭酸水」の箱買いでした。
しかし!今度は「炭酸水」が気持ち悪くなってしまい、全く受け付けない状態に…。
その代わり、1人目の時に飲めなかった麦茶が美味しく感じました。
妊娠ごとに、味覚がこんなのにも異なるのかと実感した瞬間でした。


■その2 ノンカフェイン飲料(ルイボスティー・あずき茶・黒豆茶)

1人目・2人目の妊娠時(「つわり」のピーク時を除く)、そして出産後によく飲んでいたのは、ルイボスティーやあずき茶、黒豆茶でした。

なぜこのようなお茶を飲んでいたかというと、1人目妊娠中は「ハーブ類は子宮収縮などの影響があるかも?!」などといろいろ恐れていたので、安全に飲めそうなものを…と自分で制限してしまっていたのが大きいです。

なかでも「あずき茶」は特に飲みやすく、1人目・2人目の分娩時のお供にも持って行きました。私にとっては戦友のような存在です。


■その3 冷たい「食パン」

お米かパンかと聞かれたら、即答で「お米」の私でしたが、妊娠を機に変化が起きます。
つわり時の出勤日の朝ごはんで唯一食べられたのは、「冷たい食パン」!
この「冷たい」がポイントで、トーストはNG!
これに「グレープフルーツ」が朝ごはんの定番でした。

ただ、汚い話になりますが、もしかするとこれは「吐きやすいもの」を無意識に選んでいたのかもしれないです。


■その4 じゃがいも・トマト

普段は、ファストフード店の付け合わせはポテトではなくサラダを選んだり、カレーのじゃがいもは夫に全部あげたりと、じゃがいもを好んで摂取していたわけではなかった私。
それなのに、1人目の妊娠中は「じゃがいも」料理をよく食べていました。
特にポテトサラダは、マヨネーズやお酢の酸味がすっきりして好きでした。

そして、2人目妊娠中は、また違う食べ物が大好きになりました。
それは「トマト」です。

幼いころから「苦手な食べ物は?」と聞かれたら「トマト」と答えていた私ですが、毎晩食べなきゃ気が済まないほどになりました。

しかし、妊娠中はあんなにトマトを食べていたのに、出産後の今は全然食べたいと思わないのがまた不思議です…。


こんな感じで、私は「つわり」を乗り切りました。
妊娠期によくインターネットで検索していたのは、「つわり中でも食べられたもの」。
藁にもすがる思いでした…。

特に、1人目妊娠中に食べられたものが、2人目では受け付けないことを実感したときが辛かった…。いかに早く自分が食べられるものと出会えるかが重要かと思いました。

未だに思い出しただけで辛い気持ちになる「つわり」のこと。
今まさに苦しんでいる方の、お役に立てれば幸いです。


最後に、余談ですが。
不思議なことに、我が家の長男は、私が妊娠期によく食べていた「冷たい食パン」や「じゃがいも」が大好きなんです。

「つわり中に食べられるものは、お腹の中にいる子どもが欲しがっているもの」という迷信を聞いたことがあるのですが、私の場合はまさにそうでした。

その説で言うと、次男はもしかしたら「トマト」が大好きなのかも?!
…と、その迷信が当たるのかどうか、今から少し楽しみです(笑)