ソラ

工作と身体を動かすことが大好きな小2男子の母です。小1から始めたサッカーは2年目に入り、上達することを願うばかりです。

2022.04.28

【祝!進級】

Diary

4月から2年生になりました。
春休み中も学童を利用することが多かったので、誰と遊んだのかを聞くと「個人情報だから教えられないの。名前は個人情報だから。」と返され、どんな2年生になるのか楽しみな気持ちと、1年生の時はとにかく忘れ物が多かったので改善すると良いなという期待があります。

1年生では忘れ物対策として、前日子どもがランドセルに準備したものを親がチェックするようにしていました。
教科書やノートは揃えられても、筆箱をうっかり習い事のバックに入れたまま学校に行き、先生に忘れたことを伝えられず困ったこともあったようです。

個人面談の際、担任の先生から「筆箱がなくて、どうしたの?と聞いたらポロポロ涙を流してしまって…」と言われ、私がちゃんと確認しなかったからだな。と心の中で反省していたのですが、先生から「1年生が終わるまでに、○○くん(息子の名前)とちゃんと自分の気持ちを伝えられるようにしようね。と約束しました。」と聞いて、親が気を付けて忘れ物をしないことも大事だけれど、それだけでは子どもが成長できないなと考えさせられました。
あれから1年が経ち、かなり慎重に準備をするようになりましたが上着や傘など学校から持ち帰るものを忘れる、鉛筆や消しゴムを紛失するなど細々あります。
これらも自分で解決する力が身に付けば良いと思います。

そして、新クラスは始業式の日に発表されたのですが前日息子が「2年4組」と予言しており見事に当たりました。
後日、何でそう思ったのかを聞くと「2と4の数字の組み合わせがカッコイイから!」と返されました。
よく分かりませんが、放課後は学童で過ごすことが多く利用している友達が同じクラスに集約されたようでとても喜んでいました。

また1年間、新しい環境で過ごす子どもが逞しく育つよう日々応援したいと思います。