22.05.16

甘酢チキン弁当

Recipe

気温が上がってきて、お弁当が傷まないか不安になってくる頃ですね。今回はおかずが傷みにくい「お酢」を使って甘酢チキンを作りました♪
子どものお肉は小さめに切って、時間差で焼いて作ります。大人用はにんにく&生姜でガツンと食欲そそる味に仕上げました。
※小さなお子さまはピックのお取り扱いにご注意ください。

材料

(作りやすい量)

鶏もも肉_1枚
酒_少量
塩こしょう_少々
おろし生姜_少々(大人用)
おろしにんにく_少々(大人用)
片栗粉_少々
サラダ油_大さじ1
*お酢_大さじ1
*醤油_大さじ1
*砂糖_大さじ1
白ごま_少々(トッピング)

ごはん_お弁当2人分(大人と子ども)

その他おかず
野菜のチヂミ
枝豆
お花ハム

作り方

(1.2は前日のうちに作り置きできます)

1. 鶏もも肉は一口大に切る。子ども用は大人の半分くらいのサイズにする。


2. 鶏肉を大人と子どもで分けて袋に入れ、酒と塩こしょうを揉み込んで下味をつける。大人用にはおろし生姜とおろしにんにくをさらに加えて揉み込み、袋のまま冷蔵庫で保存する。


3. 鶏肉に片栗粉をつけてサラダ油を敷いたフライパンで焼く。大人用から焼き始め、少し火が通ってきたら子ども用を入れて焼く。


4. 火が通ったら*の調味料を加えてとろみが出るまで煮絡めて、お皿にのせて冷ます。


詰め方


1. ごはんを詰め、レタスと大葉で仕切る。


2. 甘酢チキンを詰める。


3. 残りのおかずを詰めて、甘酢チキンの上に白ごまをふり、子ども用にピックを刺して完成!


アドバイス

お弁当(ごはん・おかず)は冷ましてから詰めるのが基本になります。暑い時期はさらに、保冷剤や抗菌シートを入れると安心です。お子さまには凍らせたプチゼリーを一緒に入れると保冷剤代わり&デザートにもなっておススメ♪
お酢を上手に使うほか、梅干しや大葉、生姜、わさびやスパイス等にも抗菌作用があります。この季節の料理にしっかり火を入れて活用すると、より安心ですね。

朝ラク♪ chiho の園児と大人の15分弁当

chiho

ちほ

一般社団法人日本キャラベニスト協会理事・お弁当学マスター認定講師・食育インストラクター。家族の毎日のお弁当から、お弁当作りに役立つアイデア、テクニックなどをInstagram、各種メディアから発信。