とがわ

小5の息子と年長の娘の母です。思春期息子に振り回されながらも娘の保育園生活最後の1年をじっくり見届けたいと思います。

2020.02.20

才能あふれる手紙

Diary

うちの息子ときたら・・これも一種の才能かなと思える手紙をご紹介します。

ある朝、私は猛烈に息子にイラついていました。友達との待ち合わせ時間になってもあたふた支度をしているわ、ランドセルの準備は終わっていたけど、肝心の上着がランドセルの底に押し込まれているわ・・。結局ランドセルの中身を全部出し直し、しまい直し。その間友達は待たせたまま。
早くしなさい!怒鳴りつけて行かせたのでした。

母の怒りおさまらず、息子の机の前にたたずむと、息子が先生に宛てて書いた手紙を忘れていました。

今年度で担任代えになる先生に友達と「手紙を書こう」と約束したもの。
持って行かないと渡せないのに・・。

(ちなみに、息子の小学校は2年に1回クラス替えがあります。担任は毎年代わるクラスがほとんど。息子のクラスは1.2年同じ先生だったので今年度で代わることが決まっています。)

なにやら前日黙々と書いていたのは知っていたものの、内容は聞いていなかったので、ちょっと失敬して読ませてもらいました。

厳しいけど子供たちから人気の先生。
先生が代わらないでほしいという気持ちが伝わります。
それにしても・・

2年生のときわ× → 2年生のときは
つぎのてすと× → つぎのテスト
100点にしてください → それはできないな。

極めつけは署名部分。名前なのでお見せできず残念ですが、筆記体風にサインしてあり・・!? しかもかっこして名前を一応書いている・・!
念のため書いておいた?息子なりに考えがあったのか。

朝から怒りが爆発していたのに。息子の才能にやられてしましました。

手作り封筒にはうさぎの絵を描いて消した形跡。気に入らなかった?

気持ちがたくさんつまった手紙。
先生はきっと喜んでくれるはずです。